2016年11月27日日曜日

ロボットとロボットクラウドのlighttpd 1.4.43 やっと一緒になった

僕のロボット関連では、Webサーバにlighttpdを使っている。

理由は、Appachのように重装備なサーバは必要ないし、

ロボット(Raspberry Pi Jessie)でも、

ロボットクラウド(CENT OS)でも動き、速度面や使い勝手がいいから。

懸案のメモリーリークのバグも今年前半に改善されて、

本格運用に耐えれる状態。

ただ、インストール時の環境設定が、Raspberry PiやCENT OSなでは微妙に

異なっていていたり、パッチワーク的に設定していたために両社の設定が

微妙に異なている。

サーバも本格的に運用をすることになり、この際、整理をする事にした。

ダサい事に、REST関連はOLD CGIで動かしているので、

はずかしい、、、

cgi.confの設定をテストしながら確かめた。

で、結論は、下(^^)

# /usr/share/doc/lighttpd/cgi.txt

server.modules += ( "mod_cgi" )

$HTTP["url"] =~ "^/cgi-bin/" {
        cgi.assign = ( "" => "" )
}

## Warning this represents a security risk, as it allow to execute any file
## with a .pl/.py even outside of /usr/lib/cgi-bin.
#
#cgi.assign      = (
#       ".pl"  => "/usr/bin/perl",
#       ".py"  => "/usr/bin/python",
#)

なぜか、Jessieでは、/etc/lighttpd/conf.d/conf-enabledに

conf.d/conf-available/10-cgi.conf のシンボリックリンクを張ればよい

けど、、、

CENT OSは、Versionが6.8なのかもしれないが、

modules.confで設定で設定(コメントアウトを外す)して、

cgi.confを上記に合わせなければならない。

ちなみに、lighttpd.confのstatic-file.exclude-extentionsは変更しない。

という事で、ロボットも、ロボットクラウドも環境が一緒になったので

とっても、、、、

PEACE!!





2016年11月10日木曜日

帯状疱疹にかかりました

神経痛の痛みを味わっています。(´-`;
免疫力が落ちて、脊髄に潜んでいる誰もが持っているウィルスが神経を伝って暴れる病気
9月に感染症になって強い抗生物質使って、
その後も体いじめ続けて、
かつ、久々の仕事ストレスmaxだったし、、、
何事も急にやってはいけません。反省。
ある年齢の方は、症状1の時にお気を付け下さい。
以下は、ご興味あれば、、、Peace!

症状は四肢の一つに現れます。
症状1
後で発症する部分の肌が、外見何も無いのに下着で擦れる時に
「ピリピリ」と痛む。この時に薬飲めば、、、
症状2
神経が痛んでくる。足の筋鈍痛が走る感じ
症状3
疱疹が肌に現れてくる
僕の場合は足の背面に出来ていたから自分では分からなかった。
症状4
神経の痛みが激痛に成る。神経ブロックなどの処置が必要
僕はここまでは行って居ない。
医者からは、暖かい部屋でゴロゴロしながら体休めなさい
薬を飲むと一週間程度治まってくる。この薬が高い。
痛みは一月位続く
場合によっては、ウィルスによって破壊された神経の痛みが後遺症となり続く。ドキドキです。


2016年11月8日火曜日

An installation of lighttpd on Raspberry Pi

Raspberry Piで稼働させるWebサーバーは、

lighttpd が良いと考えて採用している。

ポイントは、

軽量であること。。。

これに関しては、monkeyも候補なんだけど、

いろいろ試した結果、lighttpdにした。

で、

sudo apt-get install lighttpd

でインストールするとバージョンが古いので

ソースをダウンロードしてbuild

https://www.lighttpd.net/download/

ダウンロードファイルは最新を、、、この時点では、1.4.43

tar zxfv lighttpd-1.4.43.tar.gz

cd lighttpd-1.4.43

sudo apt-get install libbz2-dev

これは、./configureでbzip2のエラーが出てきた時の対応です。
予めやっておいた方が時間の短縮

./configure

make

sudo make install

sudo systemctl start lighttpd


で、アクセスしてこの画面が出てきたらOK



Peace!!

2016年10月31日月曜日

Let's Note CF-SX4 SSDに交換

も〜遅くてたまらない、、、

CF-SX4のハードディスクをSSDに交換して高速化、、、

超満足です。

ということで、ご報告。

購入したのは、2つ

Logitec HDDケース 2.5型SATA用 HDD/SSDケース LHR-PBGU2/S

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B004D67YH4/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

Transcend SSD 480GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TLC採用 3年保証 TS480GSSD220S


SSDの容量は、現在のハードディスクが500GBなのでこの容量にしました。

基本的な流れは、
(1)ハードディスクを、SDDにコピーする
これは、Logitecについてくる「HD革命/Copy Driver Ver.5 Lite」を使ってします。既にこのソフトはVer6になっています。新しい、LogitecのHDDケースがあるかもしれません。実際にする時は検索して下さい。
このVer5は、CDで提供されますが、5.0.2はソフトに不具合があるようで、5.0.8のダウンロードが必要になります。5.0.8はソフトの提供会社(アーク情報システム)のサイトでユーザ登録を行ってダウンロードします。

(2)交換する
交換は、次のように行いました。10分程度です。
・バッテリーを抜く
・ネジを外す
・HDDを引き抜く
・SDDに交換する
・元に戻す。
詳しくは書きませんが、写真の流れで解ると思います。

で結果は、爆速になりました。\(^o^)/
大満足です。
交換したHDDは、バックアップ様につかいます。

Peace!










あとは、HDDを取外した逆の順序でSSDを本体に格納します。



2016年10月27日木曜日

Raspberry Pi上での、WringPiの使い方コマンドとC言語

2つのRaspberry Piで同期をとるプログラムを作成する時に、

WiringPiを使うのはとっても便利です。

コマンドやプログラムからgpioを制御できます。

その時に、ちょっとピン指定で、コンガラガッテしまったので、

自分のメモとして書いておきます。

gpioを制御するとき


・基板上のPIN番号

・WringPiのgpio 番号

・CPUのgpio番号

の3つを意識しないとならない。

その対比表が下図。



gpio readall

とコマンドを打ては図のようなgpioの状態の一覧がでてきます。

・基板上の物理的なPIN番号35番

・WringPiの番号 GPIO.24、つまり、wPi欄の番号24

・CPUのGPIO番号は、19になります。

この時に、基本BCMと書かれたCPUのGPIO番号は無視する

例えば、基盤上の35番PINを書き込みモードにして、

値を1にする場合には、

gpio mode 24 output

gpio write 24 0

とすればよい。

WiringPiを使ったC言語のプログラムからも、

pinMode(24, INPUT);

int pV = digitalread(24);

となる。

gpioコマンドには、-g のオプションがつけれるが、

これを付けるとCPUのGPIOになる。

従って、

gpio -g mode 19 output

gpio -g write 19 0

ややっこしくなるので、-g オプションは使わない方がよいね。

Peace!

おまけ、GPIOの値を読み込むプログラム

gcc -o sample sample.c -lwiringPi

で、

違う端末画面から、

gpio write 24 1
gpio write 24 0

とかすると、
画面に、こんな感じで、表示されます。(^^)

--------------------------digitalRead (24) = 1
--------------------------digitalRead (24) = 1
--------------------------digitalRead (24) = 0
--------------------------digitalRead (24) = 0
--------------------------digitalRead (24) = 0
--------------------------digitalRead (24) = 0



/***********************************************************
** Function : Sample program of wiringPi.
** File Name: sample.c
** Library  :
** Author   : Naoki Kabaya
** create   : 10/02/2016 version 1
** modify   :
***********************************************************/
//----------------------------------------------------------
// Includes
//----------------------------------------------------------
#include <wiringPi.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <stdint.h>

//Prototype
int main (void);

int main (void)
{
        int pV = 0;

        if (wiringPiSetup () == -1){
                exit(1);
        }

        //GPIO Setup
        pinMode (24, INPUT);
        printf("----------------------GPIO Setup\n");

        //Loop
        for (;;) {
                pV = 0;
                pV = digitalRead (24);
                printf("--------------------------digitalRead (24) = %d\n", pV);
                delay(500);
        }
        return 0 ;
}

2016年10月21日金曜日

Sony Camera module on Raspberry Pi ZERO.

久しぶりに、Raspberry Pi ネタ(^^)

別に新しいネタでは無いけど、、、

あるアイディアを確かめたくて、、、

まだテスト中、いい感じ

パラメータは、こんな感じ

raspistill -o images.jpg -w 820 -h 616 -t 200

-tを付けないと、5秒の待ち時間が発生する。

これから、いろいろテスト(^^)

Peace!!

Raspberry Pi CAMERA 画像

こんな感じでカメラセット

テスト全景
この後は、外で、、、(^^)

2016年10月20日木曜日

登山靴 モンベル アルパインクルーザー2500

登山において、靴は最も重要なギア
自分の足は、日本時特有の横幅の広く、甲の高さはそれほど高くない。
どうも、欧米系の靴は合いそうにない。
また、沢シューズはモンベル製でピッタリなので、
まずは、モンベルの日本人向けの足型を試す事にした。

選ぶに当たっては、3つの視点で考えた
・厳寒期の登山靴には使わない
 履く靴下が全く違うので、サイズも必然的に変わるため
・残雪期(アイゼン10〜6本)ー春―夏ー秋
・縦走も可能

まず、アルパインクルーザー2500で試す。
手にとって、外側、内側をよく確認して履いてみる。
”まったくピッタリ”
他にも、Asoloとも比べた。
Asoloも良かったけど、縦サイズが1大きくなった。
縦が長くなるのは、歩く時にちょっと不安。

再び、アルパインクルーザーを履いて確認。
足の指の余裕も問題なく
紐をシメてもあたる所なし、
30分位いろいろ動いてみたけど違和感なし
ということで、購入。
Webでは、15足以上履いて確認などのアドバイスがあるけど、
僕は、サッカーをしていたので、自分の足の特徴は熟知している。
例えば、運動のしすぎで骨が、変形している部所など、、、
それらの事から、この靴で充分だと判断した。
家では、2日間、30分ほど履いて家の周りをグルグルして、、、

モンベル アルパインクルーザ2500
典型的な日本人足型
山行後なので、靴紐外して乾燥中

沢シューズ
僕の足にピッタリ!
だからモンベルを最初に試す事にした。

そして、前穂高岳へ
結果、何の問題もなく、登山できた。
下山時に、紐をきつめに締め直すのと忘れたために、
途中で、親指の擦れが気になった。
すぐに締め直して、事なきを得た。

この靴も長く付き合う靴になりそう(^^)

Peace!!